2017.3.11 18:50

鷺宮製作所・西村、プロ入りに意欲 「活躍できたらチャンスが出てくるかもしれない」

鷺宮製作所・西村、プロ入りに意欲 「活躍できたらチャンスが出てくるかもしれない」

きらやか銀行戦に先発し、8回2失点で初戦勝利に導いた鷺宮製作所・西村純季(撮影・赤堀宏幸)

きらやか銀行戦に先発し、8回2失点で初戦勝利に導いた鷺宮製作所・西村純季(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 社会人野球の東京大会が11日、東京・神宮球場などで開幕し、神宮球場の第3合は鷺宮製作所(東京)がきらやか銀行(山形)を4-2で下した。4チームずつ4ブロックに分かれてのリーグ戦を行い、各1位が決勝トーナメントに進む方式の第1戦で、鷺宮は先発右腕・西村純季投手(24)が8回0/3 6安打2四球6三振2失点に抑えた。

 鷺宮・目良宏監督(46)は、「チーム全体が初戦をどうしても勝ちたいという気持ちを出して戦ってくれた。西村は九回に2ランを浴びてしまい完投、完封を逃したのが課題」と話した。

 西村は、「あまり納得のいかない球が多く、逆球や甘い変化球を打ち損じてもらっていた。入社してから2年間、都市対抗に出ていないので、出たい。ここから、がんばっていきたい。活躍できたら、次のステージ(プロ)へのチャンスが出てくるかもしれないと思う」と目標を語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 鷺宮製作所・西村、プロ入りに意欲 「活躍できたらチャンスが出てくるかもしれない」