2017.2.26 16:42

明大・市岡、大学“デビュー戦”で2回無安打無失点に「ホッとした」/東京六大学

明大・市岡、大学“デビュー戦”で2回無安打無失点に「ホッとした」/東京六大学

東京国際大との練習試合で大学デビューした明大・市岡奏馬投手(撮影・赤堀宏幸)

東京国際大との練習試合で大学デビューした明大・市岡奏馬投手(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の明大は26日、練習試合初戦の東京国際大(東京新大学)戦を東京・府中市の明大球場で行い、4-0で勝利した。明大はドラフト候補の右腕・水野匡貴投手(新4年)が4回6安打無失点、右腕・三輪昂平投手(新3年)が3回2安打無失点、新1年生の左腕・市岡奏馬投手が2回無安打無失点に抑えた。

 昨春センバツ4強の龍谷大平安(京都)のエースだった市岡は、これが“デビュー戦”で「初めてだったけど、最初に連続三振がとれたので、もう一ついけるかなと力んでしまって(3連続四球)。とにかく0点に抑えようと思っていたので、ホッとした」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 明大・市岡、大学“デビュー戦”で2回無安打無失点に「ホッとした」/東京六大学