2017.2.21 05:00

【絆トーク】ヤクルト守護神候補のドラ2星、156キロ右腕の実戦デビューはいかに

【絆トーク】

ヤクルト守護神候補のドラ2星、156キロ右腕の実戦デビューはいかに

特集:
2017新人情報

 徐々にペースが上がってきた。ヤクルトD2位・星(明大)が19日、沖縄・浦添キャンプで自身最多となる100球の投げ込み。「疲れている中で、どれだけ投げられるかがテーマ。まずまず投げられました。課題は変化球」と振り返った。

 初の打撃投手は22日のキャンプ第4クールから。実戦登板は3月の予定だ。D4位・中尾(名古屋経大)、D6位・菊沢(相双リテック)は実戦デビューを果たしたが、星はスロー調整。昨年11月の明治神宮大会に出場したため、疲労などが考慮されている。

 「焦りはあるけど開幕に間に合えば」。右腕から繰り出す直球の最速は156キロ。抑え候補にも挙がる新人の実戦登板が楽しみだ。 (ヤクルト担当・吉村大佑)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【絆トーク】ヤクルト守護神候補のドラ2星、156キロ右腕の実戦デビューはいかに