2017.2.17 17:24

西武・辻監督、自らバット手に進塁打指導「消極的になっている」

西武・辻監督、自らバット手に進塁打指導「消極的になっている」

全体練習後、熊代(右)を指導する西武・辻監督=日南・南郷

全体練習後、熊代(右)を指導する西武・辻監督=日南・南郷【拡大】

 西武春季キャンプ(17日、宮崎・南郷)エンドラン主体のケース打撃を、バックネット裏から見つめていた辻監督の表情が曇った。きっちりと進塁打を打てない打者が多く「全然成功しない」と苦笑いを浮かべる場面があった。

 全体練習後は熊代にトスを上げ、自らバットを手に熱心に指導。現役時代、巧みな右打ちが持ち味だった監督は「消極的になっている。差し込まれるとゴロは転がらない。泳ぐくらい、早めにタイミングをとらないといけない」と説明した。

キャンプ日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・辻監督、自らバット手に進塁打指導「消極的になっている」