2017.2.16 17:08

阪神・キャンベル、ウイルス性胃腸炎と診断 韓国・サムスンとの練習試合を欠場

阪神・キャンベル、ウイルス性胃腸炎と診断 韓国・サムスンとの練習試合を欠場

 阪神は16日、沖縄・宜野座キャンプ第4クール初日の練習を休んだ新外国人のエリック・キャンベル内野手(29)が、沖縄県内の病院で「ウイルス性胃腸炎」と診断されたことを発表した。キャンベルはこの日、「5番・DH」で先発予定だった韓国・サムスンとの練習試合(宜野座)を欠場し、代わって「7番・DH」で梅野隆太郎捕手(25)が出場した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・キャンベル、ウイルス性胃腸炎と診断 韓国・サムスンとの練習試合を欠場