2017.2.16 12:51

阪神・糸井、宜野座キャンプで初めてメーン球場で練習 屋外でティー打撃

阪神・糸井、宜野座キャンプで初めてメーン球場で練習 屋外でティー打撃

初めてメイングラウンドでのティー打撃に臨む阪神・糸井=沖縄・宜野座(撮影・山田喜貴)

初めてメイングラウンドでのティー打撃に臨む阪神・糸井=沖縄・宜野座(撮影・山田喜貴)【拡大】

 阪神・糸井嘉男外野手(35)が16日、沖縄・宜野座キャンプで初めてメイン球場で練習を行った。今キャンプで初めてスパイクを履き、ティー打撃51スイング。その後メインの外野芝生で初めてスパイクを履いてのキャッチボールを行い、最大50㍍で約10分投げた。初めて中堅のポジション近くに就いた。

 糸井は自主トレ中に右膝の違和感を訴え、球団は1月24日に右膝関節炎と発表。今キャンプは別メニュー調整が続いている。

 

  • 初めてメイングラウンドでのティー打撃に臨む阪神・糸井=沖縄・宜野座(撮影・山田喜貴)
  • 初めてメイングラウンドでのティー打撃に臨む阪神・糸井=沖縄・宜野座(撮影・山田喜貴)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・糸井、宜野座キャンプで初めてメーン球場で練習 屋外でティー打撃