2017.2.8 13:00

【球界ここだけの話(811)】金言あふれる、カネやんの言葉…巨人キャンプで「闘争本能を持って野球をやってほしいな」 

【球界ここだけの話(811)】

金言あふれる、カネやんの言葉…巨人キャンプで「闘争本能を持って野球をやってほしいな」 

7日に巨人キャンプを訪れたOBの金田正一氏

7日に巨人キャンプを訪れたOBの金田正一氏【拡大】

 カネやんの言葉には、金言があふれていた。400勝投手の金田正一氏(83)が7日に巨人の宮崎キャンプを訪れ、ナインを激励した。

 アップ中に整列した選手を前に「名もない金田です」と冗談交じりにあいさつ。ブルペンでは菅野、マイコラスらの投球を食い入るように見つめた。

 「ワシはこの時期あまり信用しないけど、マイコラスは通用する球を持っているわ。どうしてあんなに勝つのか、不思議に思っていた。球の出(出所)が見づらいから、戸惑うね。あれは活躍するんじゃないかな」と金田氏。続けて「面白いよ、今年の巨人は。投手が出そろえば、相当断ち切らんといかん。かんなで削ってね。セレクションが難しい。菅野は計算できるし、群を抜いているからね。(マイコラスと)2人がね」と投手陣の起用法がポイントになると予想した。

 なかでも、ご執心だったのが内海だった。「内海が気になってしゃあないんだよ。一生懸命は分かるが、やり方を変えなきゃ駄目。金田さんを見習えと。ワシは一生懸命、知恵を使った。内海がでてきたら、ワンサイドで優勝しちゃうわ」と左腕の復活をキーポイントにあげた。

 ご意見番として、球界全体への提言も忘れなかった。「(選手同士が)仲良くなりすぎている。今は。闘争本能がないから、面白くなくなっている。闘争本能を持って野球をやってほしいな」と金田氏。「野球がうまかったんだから、信用しろ」と話す姿は、とても83歳には見えなかった。(長崎右)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(811)】金言あふれる、カネやんの言葉…巨人キャンプで「闘争本能を持って野球をやってほしいな」