2017.2.7 05:03

阪神D2・小野、『高速フォーク』解禁や!「真っすぐに近い」

阪神D2・小野、『高速フォーク』解禁や!「真っすぐに近い」

特集:
2017新人情報
キャンプ初の休日でいちご狩りを体験した阪神・小野=志良堂いちご園(撮影・松永渉平)

キャンプ初の休日でいちご狩りを体験した阪神・小野=志良堂いちご園(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神春季キャンプ(6日、沖縄・宜野座)阪神のドラフト2位・小野泰己投手(22)=富士大=が6日、7日からの第2クールで自慢の高速フォークを披露することを明かした。

 「大きくキレのあるフォークを目指しています。真っすぐだと思わせておいてのフォーク、というのが理想です。真っすぐに近いフォーク。それが今度の課題ですね」

 3度入った第1クールのブルペンでは直球のみだったが、楽天・岸のようなしなやかなフォームと、ベース上で伸びる球のキレを披露。金本監督から「素材は一級品」とほめられ、他球団スコアラーを震かんさせた。

 ここからさらにベールを脱いでいく。大学時代からの武器でもあるフォークは130キロ台。休日のこの日は、宜野座村内でD1位・大山悠輔内野手(白鴎大)、D5位・糸原健斗内野手(JX-ENEOS)と、いちご狩りに挑戦。「楽しくできました」と端正な顔を崩していたが、ブルペンの話になると「野球は野球なんで」と甘さを捨てることを約束した。

 「球の質が大事。質のいい球を投げたいです」

 制球力は折り紙付き。最速152キロの直球に加え、フォーク、スローカーブを織り交ぜていく。

 「(次クールからチームは)実戦も入ってくる。アピールできるようにやっていきたいです」

 コンディション最優先のため、実戦デビューは2月下旬になりそうだが、準備は着々。まだまだ、ビビらせる引き出しがある。他球団007を再び「オゥ、ノー!!」といわしめるつもりだ。 (阿部祐亮)

キャンプ写真超速報へキャンプ日程へ

  • キャンプ初の休日でいちご狩りを体験した(左から)阪神・糸原、大山、小野=志良堂いちご園(撮影・松永渉平)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D2・小野、『高速フォーク』解禁や!「真っすぐに近い」