2017.1.16 14:50

胃がん切除手術の広島・赤松、退院を報告 「日常生活は何とか出来そうです!」

胃がん切除手術の広島・赤松、退院を報告 「日常生活は何とか出来そうです!」

広島・赤松真人 

広島・赤松真人 【拡大】

 5日に広島市内の病院で胃がんの切除手術を行った広島・赤松真人外野手(34)が16日、ブログを更新。退院したことを明かした。「退院しましたぁ!まだ痛みが残るものの日常生活は何とか出来そうです!いつもは体を動かしていたので、ゆっくりすることに慣れず暇があれば散歩をしています!」と前向きにつづった。

 赤松は昨季、89試合で打率・368、12盗塁で25年ぶりのリーグ制覇に貢献した。昨年12月15日、個人的に毎年受けている健康診断で医師のすすめで初めて胃カメラを飲んだところ、異常が見つかった。翌16日に再検査して、がんであることが判明していた。

 「これから不安になることがあるかもしれませんが、常に前だけを見てやっていきたいと思います!様々な方から声をかけていただき本当に感謝です!この気持ちを忘れず頑張ります!今後の予定はとりあえず痛みを抑えながらできる運動をして様子をみたいと思います!」と早期復帰に意欲を示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 胃がん切除手術の広島・赤松、退院を報告 「日常生活は何とか出来そうです!」