2016.12.29 22:32

清原氏、離婚を機に覚醒剤の量が増えたと告白 「後悔ばかりの人生」

清原氏、離婚を機に覚醒剤の量が増えたと告白 「後悔ばかりの人生」

清原和博氏

清原和博氏【拡大】

 覚せい剤取締法違反罪で5月に有罪判決を受けた元プロ野球選手、清原和博氏(49)が現在の心境を語る様子が、29日放送のTBS系特番「ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2016決定版」(後9・0)で放送された。

 清原氏は引退後に覚醒剤を使用したと明かした。最初は頻度は少なかったというが、クスリを使うと現実逃避できたという。インタビュー途中には「後悔ばかりの人生」と心境を口に。2014年の離婚を機に覚醒剤の量が増え、「そこからおぼれていったというように思います」と打ち明けた。

 清原氏は薬物の専門家に「薬物依存」と診断されたことも明かし、「ショックだった」と振り返った。覚醒剤を使用していた当時は「人が見えたり、人の声が聞こえたりとか、そういうことはありました」と赤裸々に語った。

事件の概要

2月2日、警視庁が東京・港区の自宅マンションを家宅捜索し、約0.2グラムの覚醒剤の所持容疑で逮捕。清原氏は警視庁本部に44日間拘留され、3月に保釈保証金500万円を納付し保釈。医療施設に入院した。5月17日の初公判には親友で野球解説者の佐々木主浩氏(48)が情状証人として出廷。同月31日に有罪判決を受けた。判決確定後、東京から出身の関西地方に拠点を移したとされるほか、9月に沖縄・宮古島を訪れた様子が写真誌に報じられたこともあった。

 

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 清原氏、離婚を機に覚醒剤の量が増えたと告白 「後悔ばかりの人生」