2016.12.2 15:46(1/2ページ)

阪神・鳥谷、4億円で更改 連続フルイニング出場途切れ「悔しいシーズンだった」

阪神・鳥谷、4億円で更改 連続フルイニング出場途切れ「悔しいシーズンだった」

4億円で契約を更改した阪神・鳥谷敬=阪神球団事務所(撮影・村本聡)

4億円で契約を更改した阪神・鳥谷敬=阪神球団事務所(撮影・村本聡)【拡大】

 阪神・鳥谷敬内野手(35)が2日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約更改に臨んだ。2014年から5年20億円の複数年契約を結んでおり、「ずっと一緒です」と4億円で更改。5年契約の3年目となる来季に向けては、「試合に出れるようにアピールしたい。もう現実的にレギュラーではないですし、来年しっかりレギュラーを獲れるようにがんばりたい」と再スタートを宣言した。

 プロ13年目の今季は、開幕から打撃不振に陥り、7月24日の広島戦(マツダ)ではついにベンチスタート。連続フルイニング出場は667試合でストップした。代打などで全143試合には出場したが、打率・236、7本塁打、36打点という結果に終わり、「自分にとってふがいないシーズンだった。1年間試合に続けるというのを目標にしていましたし、連続フルイニングというところも達成できず、悔しいシーズンだった」と唇をかんだ。

 遊撃手という座も北條史也内野手(22)に明け渡し、三塁手としての出場も。来季は「具体的にどこのポジションというより、自分がしっかりレギュラーを獲れるポジションで勝負したい」と宣言。「(春季キャンプ初日の)本当に2月1日からアピールしないといけないので。しっかり動ける状態で自主トレ、キャンプに入れるように、準備していきたい」と意気込んだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・鳥谷、4億円で更改 連続フルイニング出場途切れ「悔しいシーズンだった」