2016.12.2 16:06

巨人・菅野、小児病棟や院内学級の子どもたちと交流 「いつも元気をもらっています」

巨人・菅野、小児病棟や院内学級の子どもたちと交流 「いつも元気をもらっています」

神奈川・伊勢原市の東海大学医学部付属病院を訪れ、院内学級で子どもたちのトーンチャイム演奏を聴く、左から菅野、橋本到、辻(巨人軍提供)

神奈川・伊勢原市の東海大学医学部付属病院を訪れ、院内学級で子どもたちのトーンチャイム演奏を聴く、左から菅野、橋本到、辻(巨人軍提供)【拡大】

 巨人・菅野智之投手(27)、辻東倫内野手(22)、橋本到外野手(26)の3選手が2日、神奈川・伊勢原市の東海大学医学部付属病院を訪問した。

 3選手は約2時間、小児病棟や院内学級の子どもたちと、演奏や合唱などで交流。子どもたちからは、メッセージカードなどをプレゼントされ、子どもたちには、サンタクロースやトナカイの姿にふんし、巨人グッズをプレゼントした。

 3年連続の訪問となった菅野は、「与えなきゃいけないのに、いつも元気をもらっています。来年も戻って来られたらいい」と感慨深そうな表情を浮かべた。子どもたちには「来年こそ優勝するから、(病気に)負けないで頑張って」とメッセージを送ったという。

 今回で5度目の訪問となった橋本到は、「(子どもたちを見て)打てないことで悩んでいるなんて小さいことなんだなと思う。ちょっとやそっとのことで気にしていられない」と勇気をもらったようで、初めてとなる辻は「『闘病を頑張るから、選手の人たちも頑張ってね』といわれて、グサッときました」とコメントした。

 この訪問は、巨人が2006年から取り組んでいる、骨髄バンク支援活動の一環で、球団としては今回で11回目となった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・菅野、小児病棟や院内学級の子どもたちと交流 「いつも元気をもらっています」