2016.12.1 10:19

山本昌氏「選手晩年には目の衰えを感じた」 交通安全PR

山本昌氏「選手晩年には目の衰えを感じた」 交通安全PR

交通安全を呼び掛けるプロ野球元中日の山本昌さん(中央)=愛知県庁前

交通安全を呼び掛けるプロ野球元中日の山本昌さん(中央)=愛知県庁前【拡大】

 13年連続で交通事故による死者数が全国で最も多い愛知県で1日、年末の交通安全県民運動が始まり、県庁前の出発式でプロ野球元中日の山本昌さん(51)が交通安全を呼び掛けた。山本さんは「私は50歳までプレーしたが、選手晩年には打球への反応やキャッチャーのサインを見る目の衰えを感じた。高齢者の方も体の変化をしっかり自覚してほしい」と訴えた。

 式には大村秀章知事や地元の幼稚園児らが出席し、警察車両がパトロールに出発。宴会シーズンを迎え飲酒運転の根絶や、年末に増える交通事故の防止を目指す。山本さんは「年末はお酒を飲む機会が増えるが、飲酒運転は絶対にいけません」と強調した。

 県警によると、今年は11月30日現在、県内の交通事故死亡者数は全国最多の190人で、うち過半数が高齢者だった。昨年は全体で213人が亡くなっている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 山本昌氏「選手晩年には目の衰えを感じた」 交通安全PR