2016.11.30 17:00

野球殿堂候補に原氏&中畑氏加わる 清原氏は除外に

野球殿堂候補に原氏&中畑氏加わる 清原氏は除外に

19日に台湾で行われた巨人OB野球交流会で挨拶をする中畑清氏(右)と原辰徳氏

19日に台湾で行われた巨人OB野球交流会で挨拶をする中畑清氏(右)と原辰徳氏【拡大】

 野球殿堂博物館は30日、2017年の野球殿堂入りの候補者を発表した。

 現役引退から5年以上経過した人が対象のプレーヤー表彰では日米通算20年にわたり外野手として活躍し、2度のワールドシリーズ優勝メンバーとなったオリックスの田口壮2軍監督(47)、抑え投手として通算228セーブを記録したロッテの小林雅英投手コーチ(42)、横浜など活躍した佐伯貴弘氏(46)、西武などで守護神を務めた巨人の豊田清投手コーチ(45)の4人が候補となった。

 一方、14年から候補で今年2月に覚せい剤取締法違反の罪で逮捕され、その後有罪判決を受けた清原和博氏(49)は除外された。

 ユニホームを脱いだ監督やコーチのほか、現役引退から21年以上経過した人が対象のエキスパート表彰では前巨人監督として日本一3度、09年のワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表を率いて世界一に輝いた原辰徳氏(58)、前DeNA監督の中畑清氏(62)ら5人が新たに加わった。

 選考は報道関係者や球界関係者による投票で行われ、来年1月16日に発表される。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 野球殿堂候補に原氏&中畑氏加わる 清原氏は除外に