2016.11.28 05:05(1/3ページ)

阪神、鳥谷はプロテクト外さない!糸井の人的補償で“流出阻止”

阪神、鳥谷はプロテクト外さない!糸井の人的補償で“流出阻止”

特集:
移籍・退団・引退
プロテクトされることが確実な鳥谷。虎は苦渋の選択を迫られることになりそうだ

プロテクトされることが確実な鳥谷。虎は苦渋の選択を迫られることになりそうだ【拡大】

 フリーエージェント(FA)宣言でオリックスから阪神に入団した糸井嘉男外野手(35)の人的補償リストで、阪神が鳥谷敬内野手(35)をプロテクトすることが27日、分かった。オリックス側が保護リストから漏れた大物獲りを検討する中で、虎サイドは野手キャプテンの“流出阻止”を決断。リスト作りで苦渋の決断を迫られる中、ひとつの方針を定めた。

 ひとつの方針が定まった。鳥谷は外せない。今季は不振に陥ったが“流出”させるわけにはいかない。プロテクトする。球団関係者が明言した。

 「鳥谷を外すようなことはしません」

 虎の野手キャプテンは、28人のプロテクトリストの中に入れる。これまでの実績、チームへの貢献度はもちろん、今後のチーム作りを見据え、リストから外せない人物だと判断した。

 「超変革」を掲げた今季。金本監督から「20本塁打」のノルマを課せられた鳥谷だが、左翼方向へ強い球を打つフォーム改造に試行錯誤。結果的に不振に陥った。連続フルイニング出場は667試合でストップ。夏場以降は遊撃のポジションを北條に奪われた。打率・236、7本塁打36打点に終わり、鳥谷自身「最悪のシーズンでした」と振り返った。

 金本監督は24日、現時点で考える来季のレギュラーとして名前を挙げたのは、福留と糸井だけ。背番号1も不動の存在ではなくなったが、練習熱心で若手の見本になる存在で、将来の幹部候補。あと128本に迫る2000安打のメモリアルを、虎で達成させたい意向もある。今後も虎に欠かせない戦力という評価は不変だ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、鳥谷はプロテクト外さない!糸井の人的補償で“流出阻止”