2016.11.11 05:00

阪神・マテオは残留濃厚 “保留”状態のゴメスは退団も

阪神・マテオは残留濃厚 “保留”状態のゴメスは退団も

特集:
移籍・退団・引退
残留濃厚なマテオ投手

残留濃厚なマテオ投手【拡大】

 阪神は10日、FA宣言選手の公示を受け、オリックス・糸井嘉男外野手(35)と交渉解禁となる11日に、金本監督同席で交渉を行うと発表。同時に、新外国人投手とも“最終交渉”に入っていることが、分かった。阪神の外国人で来季残留が確定しているのはメッセンジャー。今季52試合で20セーブ、防御率1・80(1勝3敗7ホールド)を残したマテオも残留濃厚で、サターホワイトは未定。打者では糸井を獲得した場合は、福留を一塁へ回し、原口も捕手兼一塁となる見通し。「4番・三塁」を任せられる助っ人を探しているが、まだ時間がかかる模様だ。“保留”状態のゴメスの保有権は11月までで、代理人には11月中旬に結論を出す約束をしているため、退団となる可能性が高まった。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・マテオは残留濃厚 “保留”状態のゴメスは退団も