2016.11.11 05:01

世界ランク8位のメキシコ、大半がメキシカンリーグ所属

世界ランク8位のメキシコ、大半がメキシカンリーグ所属

侍ジャパン相手に勝利しハイタッチをするメキシコ代表=東京ドーム(撮影・大橋純人)

侍ジャパン相手に勝利しハイタッチをするメキシコ代表=東京ドーム(撮影・大橋純人)【拡大】

 日本代表強化試合第1戦(10日、日本代表3-7メキシコ代表、東京ドーム)来年3月に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を控える野球日本代表「侍ジャパン」は、メキシコ代表に3-7で敗れた。

 8月26日現在の世界ランキングでは日本の1位に対し、メキシコは8位。昨年のプレミア12での直接対戦では、1次リーグで6-5、3位決定戦でも11-1(七回コールド)と2連勝した。

 昨年はメキシコの国内球界で内紛があり、米国など他国出身のメキシコ系選手をかき集めた“急造チーム”だった。今回は大リーグ所属選手は4人しかいないものの、大半がメキシカンリーグでプレーしており、レベルは昨年以上。捕手のタピアは同リーグの首位打者でMVP。来年のWBCには今季ブルージェイズで36セーブの守護神・オズナらが参加する可能性もある。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 5回、勝ち越しのソロ本塁打を放ち生還するメキシコ代表・キロス=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 5回、本塁打を放ったメキシコ代表のエステバン・キロス=東京ドーム(撮影・塩浦孝明)
  • 4回、同点に追いつき活気づくメキシコ代表ベンチ=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 1回、降板するメキシコ代表先発のオイエルビデス=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、三振に倒れたメキシコ代表のアガスティン・ムリーロ=東京ドーム(撮影・塩浦孝明)
  • 1回、三振に倒れたメキシコ代表のヘスス・カスティーロ=東京ドーム(撮影・塩浦孝明)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 世界ランク8位のメキシコ、大半がメキシカンリーグ所属