2016.11.6 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】糸井獲りの舞台裏で大紛糾の種! プロテクト枠から外れるのは鳥谷か西岡か…

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

糸井獲りの舞台裏で大紛糾の種! プロテクト枠から外れるのは鳥谷か西岡か…

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
今オフのFAの目玉、糸井。「阪神の絶対有利」とみられているが、その裏で大紛糾の種が…

今オフのFAの目玉、糸井。「阪神の絶対有利」とみられているが、その裏で大紛糾の種が…【拡大】

 FA糸井獲りの舞台裏で、金本阪神は大紛糾の種を生みそうです。オリックス・糸井嘉男外野手(35)がFAの行使を表明。阪神は交渉解禁後の11日にも初交渉を行う予定ですが、「好感触」という獲得作業の中に難題が待っています。糸井はFAではBランク。獲得に成功し、オリックスが人的交換を望めば、阪神は今季年俸2億8000万円の40%となる1億1200万円を支払い、プロテクト28人枠から外れた選手1人を差し出さなくてはならないのです。さあ、誰をプロテクトから外すのか。まさかの鳥谷か西岡…。意外な大物の可能性があるのです。

 ある意味、予想通りの展開ですね。オリックス・糸井が球団にFA権の行使を伝え、10日に公示されます。阪神との初交渉は解禁日の11日に大阪市内のホテルで行われる見通しです。

 「金本監督からも“交渉に出る”と言ってもらってます。監督の希望を聞いた形のFA補強ですから、監督が出るのもある意味、当然ですね。熱い言葉で糸井を口説き落としてほしいものです」

 チーム関係者はそう語りましたが、水面下で流れる情報では「阪神の絶対有利」は動きません。

 「ほぼ(獲得は)大丈夫だろう。ウチは他のFA選手には見向きもしていません。最初から最後まで糸井一本。彼が来てくれたら、来季の攻撃力はかなり向上するはず」と球団関係者は話しています。

【続きを読む】

  • プロ13年目の今季は厳しい戦いとなった鳥谷。プロテクト枠に入るか、それとも…
  • 7月に左アキレス腱を断裂した西岡はリハビリを続けている
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】糸井獲りの舞台裏で大紛糾の種! プロテクト枠から外れるのは鳥谷か西岡か…