2016.10.20 05:00(1/2ページ)

【指名を待つ男たち(下)】新潟医療福祉大・笠原祥太郎、新潟の星が羽ばたく

【指名を待つ男たち(下)】

新潟医療福祉大・笠原祥太郎、新潟の星が羽ばたく

特集:
ドラフト情報
笠原は力強いフォームから、最速147キロの直球を投げ込む

笠原は力強いフォームから、最速147キロの直球を投げ込む【拡大】

 関甲新学生リーグに所属する新潟医療福祉大野球部は創部4年目。1期生で最速147キロを誇る左腕の笠原祥太郎投手(4年)は、同大のパイオニアとして、プロを目指している。

 「新潟でプロを意識して、やってきました」

 野球をしていた姉とのキャッチボールが野球を始めたきっかけ。幼い頃は内気で言葉も少なかった。小、中学校は軟式野球。新潟県立新津高で出会った佐藤和也監督は「入学したときから、上の世界でぜひやらせたいと思ってきた」と証言する。高校時代から野球センスは光っていた。

 進学した新潟医療福祉大が1部リーグに昇格した昨秋から注目され始め、今秋のリーグ戦は5勝を挙げた。優勝は逃したが2位となり、31日に開幕する関東地区大学選手権進出も決めた。大学日本代表合宿にも参加。トップレベルの選手と過ごして、大きな財産を得た。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【指名を待つ男たち(下)】新潟医療福祉大・笠原祥太郎、新潟の星が羽ばたく