2016.10.18 17:56

早大指揮官、明大・柳攻略でV可能性残すも「立大戦落としたのが痛い」/東京六大学

早大指揮官、明大・柳攻略でV可能性残すも「立大戦落としたのが痛い」/東京六大学

 東京六大学野球秋季リーグ第6週第3日(18日、明大4-5早大、神宮)早大の高橋監督は1回戦で20三振を奪われた柳を攻略して優勝の可能性を残し、ほっとした表情を浮かべた。七回は佐藤晋が150キロ超えの2番手星から勝ち越し打を放ち、監督は「両エースから点を取れたのは大きい」と満足げだった。

 勝ち点3で4校が並ぶ。同勝ち点の場合は勝率で上回った方が上位となるため、負け数が2と最も少ない明大がまだ優位に立つ。最終週の早慶戦を待たず明大の2連覇が決まる可能性があり、監督は「立大戦を落としたのが痛い」と悔やんでいた。

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 早大指揮官、明大・柳攻略でV可能性残すも「立大戦落としたのが痛い」/東京六大学