2016.10.14 05:01

オリ・宮内オーナー、糸井の残留を強く希望「うちの中核で…」

オリ・宮内オーナー、糸井の残留を強く希望「うちの中核で…」

 オリックスの宮内義彦オーナー(81)は13日、国内移籍が可能となるフリーエージェント(FA)権を取得した糸井嘉男外野手(35)について「うちの中核で、今後もなくてはならない選手。ベストの形で残ってもらえるように、球団に(交渉を)お願いしている」と残留を強く希望した。東京都内のオリックス本社で、福良淳一監督(56)から最下位に終わった今季の報告を受けた後に明かした。

 糸井には巨人と阪神が獲得に興味を示しているが、オリックスも同球団の野手としては最高級の3年12億円ともいわれる好条件を用意して残留を求めている。宮内オーナーは「当チームから出ていってもらって結構、なんて選手は1人もおりません。よそのFA選手は、なんなら全員(オリックスに)来ていただいても結構ですが」と熱く語った。

 前日12日、糸井と会談した福良監督は「『日々、揺れ動いています』と言っていた」と明かした。本人の心はまだ見えないが、オリックスも看板選手を簡単に譲るつもりはない。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・宮内オーナー、糸井の残留を強く希望「うちの中核で…」