2016.9.23 05:02

中日・辻氏、西武監督就任に前向き「話があれば考える」

中日・辻氏、西武監督就任に前向き「話があれば考える」

この日の巨人戦で、ベンチから厳しい視線で戦況を見つめた中日・辻コーチ。西武再建を担う新監督候補に急浮上した(撮影・矢島康弘)

この日の巨人戦で、ベンチから厳しい視線で戦況を見つめた中日・辻コーチ。西武再建を担う新監督候補に急浮上した(撮影・矢島康弘)【拡大】

 西武の新監督候補に急浮上した球団OBで中日1軍作戦兼守備コーチの辻発彦氏(57)が22日、東京ドームでの巨人戦前に、就任に前向きであることを明かした。

 「(球団から正式に)聞いていないから、分からない」としながらも「話があれば考える。OBだからね。成績が悪ければ、いろいろ出てくるでしょう」と意欲をのぞかせた。

 オリックス戦が行われた京セラドームでは鈴木球団本部長が「すべてがこれからです。順を追って」と説明した。28日の西武、中日両球団のシーズン最終戦を待って、正式オファーを出すことになる。

 西武は1981年以来35年ぶりとなる3年連続Bクラスが確定し、クライマックスシリーズ出場の可能性も消滅。今季は12球団ワーストの97失策、3年連続1000三振と大味な野球からの脱却を目指し、指導経験豊富な黄金時代の名二塁手に白羽の矢を立てた。

辻 発彦(つじ・はつひこ)

 1958(昭和33)年10月24日生まれ、57歳。佐賀県出身。佐賀東高から日本通運を経て84年ドラフト2位で西武入団。93年に首位打者に輝くなど、名二塁手として西武黄金期を支えた。96年にヤクルトへ移籍し、99年に現役引退。通算成績は1562試合で打率.282、56本塁打、510打点。ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞8度。引退後はヤクルトや横浜(現DeNA)、中日でコーチなどを歴任。14年から中日に復帰し、今季途中から1軍作戦兼守備コーチ。右投げ右打ち。今季年俸2500万円。背番号85。

  • 1987年の日本シリーズ第6戦。辻(左)は秋山の中前打で一塁から一気に生還した
  • 辻発彦の監督、コーチ歴
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 中日・辻氏、西武監督就任に前向き「話があれば考える」