2016.9.23 05:03(1/2ページ)

あたふたタカ…天王山2連戦で日本ハムに連敗、ついに自力V消滅

あたふたタカ…天王山2連戦で日本ハムに連敗、ついに自力V消滅

ベンチで唇をかむ工藤監督。王者が崖っぷちに追い込まれた(撮影・吉澤良太)

ベンチで唇をかむ工藤監督。王者が崖っぷちに追い込まれた(撮影・吉澤良太)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク2-5日本ハム、25回戦、日本ハム15勝9敗1分、22日、ヤフオクD)天王山の戦いに連敗。敗戦の瞬間、ソフトバンク・工藤監督の目が泳いだ。自力優勝の可能性が消えた。分厚かった戦力が大一番で力尽きた。

 「一番痛いのは取った後に取られたところ」

 取って取られて、2-3で迎えた七回だ。一死一塁で投入した五十嵐が代わりばな、中田に右越え2ランを浴びた。疲労が濃い中継ぎ陣。好調の岩崎は前の4試合で3度の複数イニング登板をこなしており、本調子とはいえないベテランに託した。

 「何でもかんでも岩崎くんとはいかない。あしたからも連戦なので」

 裏目に出た。そもそも岩崎もリリーフ不足で先発からまわした存在。苦しい時期とはいえ、圧倒的な層の厚さを誇っていた鷹の現状だ。その七回は野手のシフトにも異変が…。六回に代打で適時打を放った内野手の明石を残すため、4年ぶりに左翼で起用。左翼の中村晃は5年ぶりに中堅の守備に回った。

【続きを読む】

  • 七回から4年ぶりに外野(左翼)を守った明石。岡の飛球を好捕するプレーもみせたが…
  • 明石の起用に伴い、中村は5年ぶりに左翼から中堅の守備に回った
  • 投球するソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 2回、日本ハム・西川に逆転の2点打を許したソフトバンク・武田=ヤフオクドーム
  • 1回、本塁打を放つソフトバンク・中村晃=ヤフオクドーム(撮影・安部光翁)
  • 先発のソフトバンク・武田=福岡ヤフオクドーム(撮影・吉澤良太)
  • 3回、空振り三振に倒れるソフトバンク・内川=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 5回投ゴロに倒れるソフトバンク・内川=福岡ヤフオクドーム(撮影・吉澤良太)
  • 6回、三振を奪いガッツポーズをするソフトバンク・森福=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、適時2塁打を放つソフトバンク・明石=ヤフオクドーム(撮影・安部光翁)
  • 8回、交代を告げベンチに戻るソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、二塁手本多(右)にボールを渡し、降板するソフトバンク・武田=ヤフオクドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. あたふたタカ…天王山2連戦で日本ハムに連敗、ついに自力V消滅