2016.9.23 08:00

【野村弘樹ウイニングショット】巨人・菅野は丁寧な配球を意識せよ

【野村弘樹ウイニングショット】

巨人・菅野は丁寧な配球を意識せよ

 (セ・リーグ、巨人4x-3中日、23回戦、中日13勝9敗1分、22日、東京D)巨人は逆転サヨナラ勝ちしたが、菅野の2桁勝利はお預け。今季は好投しても、勝ちに恵まれない試合が多い。ただエースだからこそ、あえて指摘したいことがある。

 失点した五回。無死二、三塁から迎えたのは新人の7番打者、阿部。簡単にストライクを取った後の2球目にスライダーを投げ、プロ初の適時打を許した。この場面で打者が3-5番だったら、もっと慎重に、微妙なコースに、投げていたのではないか…。

 しかも五回はピンチであるものの、阿部を打ち取れば、次は8番・杉山。9番・バルデスに代打もまずない状況だけに、無失点で切り抜ける可能性が高かった。試合展開が変わっていたかもしれないだけに、悔いが残る1球となった。

 クライマックスシリーズ(CS)を考えると、たとえ下位打線でも丁寧な配球を意識しないといけない。ポストシーズンで菅野はマイコラスとともに先発陣の軸になる存在だけに、なおさらだ。

 また、チームはCSファイナルステージの日程を考慮し、どちらをファーストステージ1戦目の10月8日に先発させるのか。登板間隔を含め、先発の起用法が今後の大きなポイントになるだろう。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【野村弘樹ウイニングショット】巨人・菅野は丁寧な配球を意識せよ