2016.9.22 13:04

マー君、大量点に守られ14勝目「四回以降はまだましな投球ができた」

マー君、大量点に守られ14勝目「四回以降はまだましな投球ができた」

特集:
田中将大
レイズ戦の3回、ディカーソン(左)に、この回4本目の本塁打を打たれたヤンキース・田中=タンパ(共同)

レイズ戦の3回、ディカーソン(左)に、この回4本目の本塁打を打たれたヤンキース・田中=タンパ(共同)【拡大】

 レイズ5-11ヤンキース(21日、セントピーターズバーグ)大量リードに守られた田中がメジャー自己最多の14勝目を手にした。日本時代を含め1試合に許した最多は3本塁打だったのに、三回だけで4本塁打を浴びる乱調だったが「自分で分析しながらやって、四回以降はまだましな投球ができた」と四~六回は無得点に抑えて、息をついた。

 タイトル獲得の期待が懸かる防御率は3・07で、辛うじてリーグトップを守った。ただ、目標とする200投球回には1/3回届かず、次回登板に持ち越された。(共同)

  • レイズ戦に先発したヤンキース・田中=タンパ(共同)
  • レイズ戦の6回を7安打4失点のヤンキース・田中。3者連続を含む4本塁打を浴びたが、メジャー自己最多の14勝目を挙げた=タンパ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. マー君、大量点に守られ14勝目「四回以降はまだましな投球ができた」