2016.9.22 10:27

マー君、メジャー自己最多14勝! 1イニング4被弾も防御率トップ守る

マー君、メジャー自己最多14勝! 1イニング4被弾も防御率トップ守る

特集:
田中将大
レイズ戦に先発したヤンキース・田中=タンパ(共同)

レイズ戦に先発したヤンキース・田中=タンパ(共同)【拡大】

 レイズ5-11ヤンキース(21日、セントピーターズバーグ)先発したヤンキース・田中将大投手(27)は、6回7安打4失点で降板。三回には1イニング4本の本塁打を許すなど、防御率を3・07としたが、リーグトップを守った。打線の援護に恵まれ、メジャー自己最多となる14勝目(4敗)を挙げた。

 田中は一回、二回を無失点に抑える立ち上がり。打線も好投する田中に応え、二回までに大量7点を奪って援護した。

 しかし三回、田中は先頭のウィルソンに甘く入った初球をとらえられ、左翼席へソロを打たれた。その後、二死としたがそこからロンゴリア、ミラー、ディカーソンと3者連続本塁打を浴び、この回4失点。メジャー自己ワーストとなる1イニング4発の本塁打を許してしまった。

 その後は何とか持ち直し六回まで得点を与えず。打線が六回に奪った1点を加え、田中は4点リードでマウンドを降りた。これで2・97でア・リーグトップだった防御率を3・07としてしまったが、同3・03で2位だったセール(ホワイトソックス)も同日に行われた試合に登板し、4回6失点と防御率を悪化させてしまい、何とか田中がトップを守った。

 試合はこの後、九回に打線が3点を加え、11-5で勝利。田中はメジャー自己最多となる14勝目を手にした。

田中の話「序盤は特に球に切れがなく、それを本塁打された。(三回が)終わった後に投げる球を修正した。何とか立て直してゼロに抑えられたのは良かった。(メジャー自己最多の14勝は)良かった。まだ試合があるので」

試合結果へ田中の成績へ

  • レイズ戦の3回、ディカーソン(左)に、この回4本目の本塁打を打たれたヤンキース・田中=タンパ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. マー君、メジャー自己最多14勝! 1イニング4被弾も防御率トップ守る