2016.9.19 05:02(2/2ページ)

元燕ヘッド佐藤真一Jr.の立大・竜彦、逆転満弾!/東京六大学

元燕ヘッド佐藤真一Jr.の立大・竜彦、逆転満弾!/東京六大学

8回、逆転の満塁本塁打を放った立大・佐藤竜彦 =神宮球場(撮影・加藤圭祐)

8回、逆転の満塁本塁打を放った立大・佐藤竜彦 =神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 2点差に追い上げた八回一死満塁。佐藤竜が逆転グランドスラムを左翼席に打ち込んだ。

 「真っすぐだったと思うけど、無我夢中だったのでコースは覚えていない。うれしい」

 大学通算6号は人生初の満塁本塁打。前日17日の1回戦から、2試合合計で8打点と十分過ぎるほど、4番の仕事をしている。

 プロ志望届は提出せずに、社会人野球のホンダでのプレーを希望。元ヤクルトヘッドコーチで、現在はオリックス球団職員の佐藤真一氏(51)の意思とは関係なく、自分で決断した。

 1999年秋以来となる13度目の優勝が目標の立大にとって、最大5点差の逆転勝利で勝ち点奪取は大きい。「何年かに一度の勝ち方。4番の佐藤は(漫画の)ドカベンみたいな満塁本塁打。文句ないでしょう。絶好のスタートです」と溝口監督の声も弾んだ。 (赤堀宏幸)

佐藤 竜彦(さとう・たつひこ)

 1994(平成6)年11月21日生まれ、21歳。東京都出身。国学院久我山高では2年時にセンバツ出場。立大では3年秋からベンチ入り。リーグ戦通算成績は21試合に出場、打率.320、6本塁打、29打点(18日現在)。1メートル82、83キロ。右投げ右打ち。

試合結果へ試合日程へ

  • 逆転の満塁本塁打を放った立教大学・佐藤竜彦
  • 法大に勝利し、ガッツポーズする立大・沢田=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 法大に勝利し、タッチを交わす立大・沢田(左)=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 先発の立大・藤田=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 元燕ヘッド佐藤真一Jr.の立大・竜彦、逆転満弾!/東京六大学