2016.8.17 05:01(2/2ページ)

西武・岸、「気合」でつかんだ100勝!松坂以来のメモリアル

西武・岸、「気合」でつかんだ100勝!松坂以来のメモリアル

西武・岸

西武・岸【拡大】

 東北学院大からドラフト希望枠で入団し、ちょうど10年目での到達。右腕は周囲の支えへの感謝を口にし、中でも両親に対して「こういう体に生んでくれて感謝の気持ちです」。ともに多くの勝ち星を積み重ねてきた捕手・炭谷の通算1000試合目でもあり、バッテリーそろっての区切りの一戦となった。

14日に死去した元西鉄・豊田泰光氏をしのんで喪章をつけて対戦。武田から通算15度目の対戦で初勝利を手にした西武・田辺監督「試合中、豊田さんに楽には勝てないぞ、と言われている気がした。勝ちを届けられてよかった」

データBOX

 〔1〕西武・岸が今季6勝目を挙げ通算100勝に到達した。プロ野球134人目、初勝利は2007年4月6日のオリックス戦。球団(前身時代を含む)では06年の松坂大輔以来12人目。
 〔2〕岸は東北学院大からプロ入り。球団で大学または社会人を経由して入団した投手では、1959年の河村英文、89年の松沼博久、02年の西口文也に次ぐ到達。大学から直接プロ入りした投手では西口に次いで2人目。

試合結果へ

  • 通算100勝目を挙げ、祝福の花束を受け取る岸(撮影・仲道裕司)
  • 試合終了後、タッチをする西武・岸(左)ら=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球する西武・岸=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 2回、本塁打を打たれる西武・岸=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球する西武・岸=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 9回、西武・秋山が左越えに本塁打を放つ=ヤフオクドーム
  • 6回、適時打を放つ西武・秋山=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、適時打を放つ西武・秋山=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、公式戦通算1000試合出場を達成し、花束を受け取る西武・炭谷=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 4回、適時打を放つ西武・浅村=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 喪章をつけ試合をする西武・田辺監督(右)ら=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・岸、「気合」でつかんだ100勝!松坂以来のメモリアル