2016.6.13 05:01

中央学院大・志岐、敢闘賞に選出も「悔しい」/全日本大学野球

中央学院大・志岐、敢闘賞に選出も「悔しい」/全日本大学野球

 全日本大学選手権最終日(12日、中京学院大5-2中央学院大、神宮)中央学院大は九回に1点を返したが、反撃もそこまで。菅原監督は「リーグ代表として初の決勝だったが、1点差ではなく3点差。まだ早いということでしょう。気力では負けなかったと思うがスタミナの差」と悔しさを抑えた。三回に中前適時打を放ち全試合で打点を挙げた志岐は、敢闘賞に選出されたが「一回にボール球を打っていなければ流れが変わったかも。悔しい」と首を振った。

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝校へ