2016.5.31 05:05(1/3ページ)

清原被告、執行猶予なら公開謝罪も!複数の専門家は実刑判決の可能性指摘

清原被告、執行猶予なら公開謝罪も!複数の専門家は実刑判決の可能性指摘

特集:
転落!清原被告
2月4日、送検された際の清原被告。執行猶予判決で久々に姿を見せることになるのか

2月4日、送検された際の清原被告。執行猶予判決で久々に姿を見せることになるのか【拡大】

 覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)に、東京地裁(吉戒純一裁判官)が31日、判決を言い渡す。覚醒剤使用事件の初犯は執行猶予となることが多く、閉廷後に清原被告が“謝罪会見”で姿を見せる可能性がある。しかし、複数の専門家は実刑判決の可能性を指摘。裁判官がどのような判断を下すか注目される。

(1)執行猶予

 覚醒剤を使用した事件で初めて摘発された被告は、執行猶予判決を言い渡されることが多い。元東京地検特捜部副部長で衆院議員の若狭勝弁護士(59)は「執行猶予3年の確率が7割、4年が3割」。元検事の大沢孝征弁護士(70)も「末端の覚醒剤使用者には更生の機会を一回は与えるのが慣例。9分9厘、執行猶予がつくだろう。通常は3年だが、依存性が高く再犯の恐れがあると4年になる」と予測した。

 このケースで注目されるのは、清原被告が肉声を届けるかどうか。3月17日の保釈時に発表した声明文で、「皆様の面前でお詫びしたい」と希望したが「警視庁から差し控えるようご指導をいただきました」ために断念したと説明。文の最後を「いつか機会をいただき、直接皆様に謝罪したいと切に願っています」と締めていた。執行猶予判決という区切りを得て“謝罪会見”を開く可能性は高い。

【続きを読む】

  • ひっそりと静まる判決公判前夜の東京地裁。31日、清原被告に運命の判決が下される(撮影・高橋朋彦)
  • 17日の初公判では雨の中、20席の傍聴席を求め3769人が日比谷公園に列を作った