2016.5.31 23:44

広島・エルド、大飛球が風に押し戻される不運に「しょうがない」

広島・エルド、大飛球が風に押し戻される不運に「しょうがない」

渋い表情の広島・緒方監督(中央)=QVCマリン(撮影・吉澤良太)

渋い表情の広島・緒方監督(中央)=QVCマリン(撮影・吉澤良太)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ5-0広島、1回戦、ロッテ1勝、31日、QVC)広島は過去23回連続無失点だったジョンソンが一回に3点を失うと、打線も1点が遠く、3度目の零敗に終わった。緒方監督は「好機があった中で、早く1点取っていれば(石川が)苦しくなる展開にもっていけたと思う。ジョンソンはもったいないよね」と厳しい表情だった。

 二回2死一、二塁と四回2死二、三塁でいずれも安部が凡退。エルドレッドや松山の大飛球が風に押し戻される不運もあった。5試合連続無安打となったエルドレッドは「風向きはコントロールできない。しょうがない」と話した。

ジョンソン(一回に自身24イニングぶりの失点。4敗目)「強い当たりはなかった。マウンドは低く、向かい風でも風が背中から来ているようで、不思議な感じだった」

安部(七回に二塁打を放ったが、2度の好機で凡退)「最後に打ったけど、得点圏で打ちたかったので」

広島・石井打撃コーチ(無得点の打線に)「こういう(強風の)状況では打ち上げるだけでなく、ゴロを打たないと。好機をつくったけど、2死からとか遅かった」

土生(早大出の5年目外野手。代打でプロ初出場して空振り三振)「行くしかないという感じで行った。シンカーが来ると思ったけど、当てられなかったのは技術不足」

試合結果へ

  • 8回、ロッテのナバーロ(左)に2ランを浴びた広島3番手の戸田=QVC
  • 1回、鈴木の一ゴロでロッテ・デスパイネ(左)が本塁を突くもアウト。捕手は広島・石原=QVCマリンフィールド(撮影・吉澤良太)
  • 初回から乱調の広島先発・ジョンソン(左から2人目)=QVCマリン(撮影・吉澤良太)
  • 先発する広島・ジョンソン=QVCマリン(撮影・吉澤良太)
  • ロッテ戦に先発した広島・ジョンソン=QVC
  • 試合前、早くも場外乱闘?を繰り広げる広島のマスコット・スラィリーとロッテのマスコット・マーくん=QVC(撮影・吉澤良太)