2016.4.29 15:27

巨人・笠原元選手、プロ野球10試合で賭博をほう助

巨人・笠原元選手、プロ野球10試合で賭博をほう助

笠原将生容疑者

笠原将生容疑者【拡大】

 プロ野球巨人の野球賭博問題で、警視庁組織犯罪対策4課は29日、他の選手に賭博のルールを説明するなど賭博の開催を手助けしたとして、賭博開帳図利ほう助の疑いで福岡市東区香住ケ丘、元選手で飲食店経営笠原将生容疑者(25)を逮捕した。

 同課は、笠原容疑者が関わった賭博を胴元として主催したとして、賭博開帳図利の疑いで同市中央区春吉、元飲食店経営者で自称無職斉藤聡容疑者(38)も逮捕。球界を揺るがした賭博問題は刑事事件に発展した。警視庁は暴力団に資金が流れていなかったかなど、賭博の実態解明を進める。

 組対4課によると、笠原容疑者は「間違いありません」、斉藤容疑者は「はい、分かりました」といずれも容疑を認めている。

 笠原容疑者は14年5月~15年3月、プロ野球10試合程度を対象に、松本、高木両元選手に賭博のルールを説明、申し込みの仲介や賭け金を集金するなどして斉藤容疑者の賭博を手助けした疑い。

 組対4課によると、巨人戦は含まれていないという。2人は13年ごろ、斉藤容疑者が経営していた飲食店で知り合った。同課は、福田、松本、高木の3元選手に任意で事情を聴いており、賭博容疑に当たるか慎重に調べを進めている。