2016.4.22 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】失敗のたび指導者が罵声…野球少年は減少

【乾坤一筆】

失敗のたび指導者が罵声…野球少年は減少

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 「野球の危機」は切迫している。賭博問題だけではない。家庭とその周辺で実感する。

 記者の長男は小学3年生。1年生だった2014年6~7月にブラジルW杯が地上波やBSで放送されたこともあり、サッカーの虜(とりこ)になった。サッカーチームに入り、もう2年。ただ入団の際、父は「3年生からは野球チームに入るんだよ」と言い、長男は「分かったよ!」と返した。確かに約束したはずだったが、この春もボールを蹴り続けている。

 記者自身、小3で少年野球チームに入り、大学まで続けた。本心は息子にも野球をやらせたく、ある日少年チームの体験会に参加させた。だがその時、サッカーをやるときと同じ笑顔を長男に見ることはできなかった。

 体験会を再録する。まず「集合! ちゃんと並んで!」。複数の年配のコーチの厳しい言葉が響く。その後も「順番守って」「君はまだだよ」。そんな声かけばかり。列が整わないと、ボールを投げられないしバットも振れない。実際に野球に触れる時間は短かった。

 一方、後に参加したサッカー教室。若いコーチは「僕の名前はバナナ。バナナコーチと呼んでね!」。大受けだ。その後のミニゲーム。何とコーチは動物の着ぐるみで登場し、見事なドリブルシュートを決めた。お母さんたちも大喝采だ。

【続きを読む】