2016.3.31 23:53

ヤクルト・真中監督、死闘を総括「みんながよく粘ってくれた」

ヤクルト・真中監督、死闘を総括「みんながよく粘ってくれた」

10回、阪神・マテオの投球練習のあとに抗議に出るヤクルト・真中監督=神宮(撮影・松永渉平)

10回、阪神・マテオの投球練習のあとに抗議に出るヤクルト・真中監督=神宮(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト6-6阪神=延長十二回規定により引き分け、3回戦、1勝1敗1分、31日、神宮)ヤクルトは失点した直後の攻撃で全て得点を挙げ、阪神に食らい付いた。サヨナラ機だった延長十回1死二塁、十一回2死満塁では畳み掛けられず、初の連勝は逃したものの、真中監督は「勝ち切れなかったが、みんながよく粘ってくれた」と5時間12分に及ぶ死闘を総括した。

 インフルエンザ感染による離脱者が相次ぐ救援陣も、八回から5投手が気迫の継投で1点にしのいだ。十一回に同点打を放った川端は「目指している野球はできたと思う」と話した。

山田(2安打2打点)「最近チャンスで打てていなかったので、結果が出てよかった」

真中監督(デイビーズに)「5回で100球だと厳しい。さらに長いイニングを投げてほしい」

試合結果へ

  • ニゴロを放ったヤクルト・森岡は一塁へヘッドスライディングするも間一髪アウトになり悔しがる=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 11回、同点の適時二塁打を放つヤクルト・川端=神宮(撮影・大橋純人)
  • 10回、一打サヨナラの場面で遊飛に倒れ悔しがるヤクルト・中村=神宮(撮影・大橋純人)
  • 8回から登板のヤクルト・ルーキ=神宮(撮影・大橋純人)
  • 8回、安打で出塁したヤクルト・上田(右)だが、牽制でひっかかりタッチアウト=神宮(撮影・大橋純人)
  • 9回に登板したヤクルト・オンドルセク=神宮(撮影・大橋純人)