2016.3.18 15:58

阪神・横田、オープン戦首位打者に浮上! 3安打猛打賞

阪神・横田、オープン戦首位打者に浮上! 3安打猛打賞

3回、安打を放つ阪神・横田=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)

3回、安打を放つ阪神・横田=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 オープン戦(中日-阪神、18日、ナゴヤドーム)プロ3年目の阪神・横田慎太郎外野手(20)が、中日戦に「2番・中堅」で出場し、3安打猛打賞。犠飛による1打点も挙げ、打率は・432まで上昇。オープン戦通算打率で、ついに12球団トップに立った。

 横田は一回無死一塁で、中日の先発左腕・浜田達の6球目、緩い変化球に食らいつき右へ二塁打を放った。4番・福留の中前打で、チーム2点目のホームを踏んだ。

 三回先頭で迎えた第2打席では、またも緩い変化球に崩されず、中前に運び2打席連続安打。二盗には失敗し、得点には絡めなかったが、打率は・429まで跳ね上がった。

 その後、第3打席は投ゴロに終わったが、七回無死一塁の第4打席では、投手強襲の内野安打を放ち、打率・432とした。九回無死一、三塁では、左犠飛を放ち打点1も挙げた。

 試合前までオープン戦打率・400ジャストで、西武・坂田の・419に次いで2位だったが、オープン戦首位打者に立った。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 1回、2塁打を放つ阪神・横田=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)
  • 1回、二塁打を放つ阪神・横田=ナゴヤドーム(撮影・森田達也)
  • 1回、福留の適時打で生還した阪神・横田=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)
  • 3回、安打を放つ阪神・横田=ナゴヤドーム(撮影・森田達也)