2016.3.9 15:01

熊崎コミッショナーが謝罪「賭博問題がまた発覚した」

熊崎コミッショナーが謝罪「賭博問題がまた発覚した」

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナー(74)は9日、東京都内で取材に応じ、巨人・高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたことについて謝罪した。

 「賭博問題がまた発覚した。大変ご迷惑をおかけして申し訳なく思っております。心からおわび申し上げたい」

 昨年、巨人の3選手が野球賭博に関与し、無期失格処分になったばかり。日本野球機構(NPB)は再発防止を取り組んできただけに、同コミッショナーは「痛恨の極みです」と開幕を25日に控える時期に再び球界を襲った暗いニュースに肩を落とした。

 すでに巨人に対し、徹底した調査を依頼。他の11球団に対しても再調査を指示した。同コミッショナーは、巨人から有害行為を禁じる野球協約第181条に基づき、告発を受けた場合、日本プロフェッショナル野球組織にある常設の調査委員会を発足させる方針を明らかにした。

 「今度の調査におきましても、球団、球界と関係のない方からの事情聴取をはじめとした調査への協力の要請を強く求めていく」と語った。