2016.3.8 23:02

巨人・久保社長、4人目野球賭博発覚に「うみを完全に出し切れていなかった」

巨人・久保社長、4人目野球賭博発覚に「うみを完全に出し切れていなかった」

謝罪会見で頭を下げる(左から)読売巨人軍・久保博代表取締役社長、森田清司執行役員総務本部長 =東京都千代田区大手町(撮影・加藤圭祐)

謝罪会見で頭を下げる(左から)読売巨人軍・久保博代表取締役社長、森田清司執行役員総務本部長 =東京都千代田区大手町(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 プロ野球巨人の久保博球団社長は8日、東京・大手町の読売新聞本社で記者会見し、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたと発表した。巨人は昨年、3選手が野球賭博に関与したことが発覚し、熊崎勝彦コミッショナーから無期失格処分を受け、契約解除となった。4人目の関与発覚で信用をさらに失墜させることになった。渡辺恒雄球団最高顧問と白石興二郎オーナー、桃井恒和球団会長は後任が決まり次第引責辞任するとした。

 高木京投手は8日付で謹慎処分となり、最終的な処分は日本野球機構(NPB)に委ねられる。久保社長は「うみを完全に出し切れていなかった。今後はうみを全て出し切り、信頼回復のために心血を注ぐ所存」と話した。

  • 頭を下げる読売巨人軍の久保博社長=東京都千代田区(撮影・三尾郁恵)
  • 頭を下げる読売巨人軍の久保博社長=東京都千代田区(撮影・三尾郁恵)
  • 野球賭博に関与した巨人・高木京介