2016.3.7 08:00(1/2ページ)

G投ピンチ…マイコラスが緊急帰国へ、PRP療法で再起目指す

G投ピンチ…マイコラスが緊急帰国へ、PRP療法で再起目指す

巨人・マイコラスと夫人のローレンさん

巨人・マイコラスと夫人のローレンさん【拡大】

 右肩の張りで離脱している巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)が、米国に一時帰国しPRP(自己多血小板血漿)療法による治療を検討していることが6日、分かった。2月の宮崎春季キャンプ中に発症して以降はノースロー調整を続けており、復帰のめどが立たない状況。2014年にヤンキースの田中将大投手(27)も選択した治療法に望みを託す。

【続きを読む】