2016.3.3 14:45

DeNA・山口、トリプルスリー山田を3連続三振に斬る 5回無失点

DeNA・山口、トリプルスリー山田を3連続三振に斬る 5回無失点

先発のDeNA・山口=横浜スタジアム(撮影・今野顕)

先発のDeNA・山口=横浜スタジアム(撮影・今野顕)【拡大】

 オープン戦(DeNA-ヤクルト、3日、横浜)初の開幕投手に内定しているDeNA・山口俊投手(28)が、ヤクルト戦に先発。5回5安打無失点、5奪三振と好投した。ヤクルトのトリプルスリー男、山田哲人内野手(23)を3打席連続三振に抑えるなど、気合が乗っていた。

 山口は、一回一死一塁から山田をフォークで空振り三振。四回先頭でもフルカウントから、139キロのフォークでバットに空を切らせた。五回二死一、二塁のピンチでも、またも133キロのフォークを投じると、ハーフスイングで判定は空振り。昨季、トリプルスリーに輝いた山田を、3打席連続で空振り三振に斬ってとった。

 「ゼロでいきたい思いは変わらない。結果を求めていきたい」と、無失点にこだわっていたが、言葉どおり5回無失点。これで、実戦3試合で12回無失点となった。3月25日の広島戦(マツダ)での開幕投手に向け、順調な仕上がりをみせた。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 好投のDeNA・山口=横浜スタジアム(撮影・今野顕)
  • 2回、力投する先発のDeNA・山口=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 1回三振するヤクルト・山田=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 1回、三振に終わりベンチに引き上げるヤクルト・山田(右)。左から2人目は真中監督=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 4回空振り三振するヤクルト・山田=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 5回、チャンスに三振のヤクルト・山田=横浜スタジアム(撮影・今野顕)
  • 5回空振りするヤクルト・山田=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 5回打席で悔しそうな表情を見せるヤクルト・山田=横浜スタジアム(撮影・中井誠)