2016.2.20 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(457)】オリ・福良新監督“ご指名なし”の裏で…田口2軍監督が人気を集める理由

【球界ここだけの話(457)】

オリ・福良新監督“ご指名なし”の裏で…田口2軍監督が人気を集める理由

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
キャンプの練習中、福良監督と話すオリックス・田口2軍監督。「本日のインタビュー」で全局からの希望が集中したのが田口2軍監督だった=宮崎(撮影・中島信生)

キャンプの練習中、福良監督と話すオリックス・田口2軍監督。「本日のインタビュー」で全局からの希望が集中したのが田口2軍監督だった=宮崎(撮影・中島信生)【拡大】

 キャンプでは毎日、テレビ局が中心となって球団に「本日のインタビュー」を申し入れる。ターゲットは話題の新監督あったり、その日注目を集めた選手であったり。

 オリックス宮崎キャンプの第1クール。ちょっと不思議な光景が起きていた。なぜか、福良新監督のご指名がかからない(地味だから? 失礼!!)。かと思えば移籍2年目の注目選手・中島宏之が「改めて話すことはない」とやんわり拒否。そんな中、全局からの希望が集中したのが2軍監督だった。

 1軍監督より先に2軍? 経験豊富でプロ野球界を知り尽くしているわけでもなければ、「阪神・掛布雅之」のような超スーパースターでもないのに。もちろん、メジャーリーガーの肩書は偉大なのだが。

 なぜ、「田口壮」が人気を集めるか? それは、話せるから。理路整然と。とにかく分かりやすい。ユーモアもある。

 初の1、2軍合同キャンプとなった今年。メーン球場から徒歩30秒の2軍サブ球場に視察に訪れた福良監督を発見した2軍監督は、腕を引っ張るように、2軍選手の状況を説明していく。報道陣に見えるように、聞こえるように。

 「○○選手はまだ(1軍に)上がれそうにないか?」

 そんな問いかけは…。

【続きを読む】

  • キャンプ休日、球場から宿舎までランニングして帰るオリックス・田口2軍監督=宮崎(撮影・中島信生)
  • サムアップするオリックス・田口2軍監督=宮崎(撮影・中島信生)