2016.2.14 05:07(1/3ページ)

背番「1」快音デビュー!燕・山田、好発進3打数2安打

背番「1」快音デビュー!燕・山田、好発進3打数2安打

背番号が変わっても、力強いスイングは健在。五回、山田は2本目の中前打を放った(撮影・大橋純人)

背番号が変わっても、力強いスイングは健在。五回、山田は2本目の中前打を放った(撮影・大橋純人)【拡大】

 ヤクルト春季キャンプ(13日、沖縄・浦添市)V2打線が見えた!! ヤクルトは13日、今季初実戦となるDeNAとの練習試合(浦添)に3-4で敗れたが、新打線が機能した。新背番号1で臨んだ3番・山田哲人内野手(23)は3打数2安打と好発進。昨季は固定できなかった1番で起用された新加入の坂口智隆外野手(31)=前オリックス=は3打数3安打と猛アピールし、首脳陣を喜ばせた。燕打線が進化の予感だ。

【続きを読む】

  • 1回、ヤクルト・坂口智隆は左前打を放つ=13日午後、沖縄・浦添市民球場(撮影・大橋純人)
  • 3回、安打を放ったヤクルト・川端慎吾=13日午後、沖縄・浦添市民球場(撮影・大橋純人)
  • 「SKY」を比較!
  • 5回、この日2本目の安打を放ち一塁ベース上で宮出コーチ(左)とグータッチをするヤクルト・山田=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 1回、安打を放ち一塁ベース上で宮出打撃コーチ(右)とグータッチをするヤクルト・山田=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 3回、内野ゴロを軽快にさばくヤクルト・山田=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 1回、打席に入り構えるヤクルト・山田=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 1回、大勢のファンが見守るなか、中前打を放つヤクルト・山田=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 1回、大勢のファンが見守るなか打席に入るヤクルト・山田。対外試合で初めて背番号「1」を披露=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 3回、この日2本目となる安打を放つヤクルト・坂口=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 1回、生還しベンチで笑顔を見せるヤクルト・坂口=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 1回、ヤクルト・坂口は左前打を放ち二塁を狙おうとする(記録は安打)=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)