2016.2.11 05:06(4/4ページ)

眼球トレで心も鍛える!燕・山田、超美人臨床心理士と共闘だ

眼球トレで心も鍛える!燕・山田、超美人臨床心理士と共闘だ

休日返上で練習を行ったヤクルト・谷内=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)

休日返上で練習を行ったヤクルト・谷内=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)【拡大】

★この日の山田

 ヤクルトの沖縄・浦添キャンプは休日。午後から、那覇市の選手宿舎でCS放送局のフジテレビONEの『スワローズTV』の収録に臨んだ。前日9日は1時間の特守を行い、「足がパンパンです。いつ終わるか分からなかったので、きつかった」とヘトヘトだったが、23歳のスターは心身ともにリフレッシュ。11日から第3クールに突入し、13日はDeNAとの練習試合(浦添)に出場する。

メンタルビジョントレーニング

 視覚機能を向上させるビジョントレとメンタルトレを組み合わせたもの。「ココロは脳にある」として、従来のメンタルトレとは全く違うアプローチで実績を残し、注目を集めている。動体視力や周辺視野などの視覚機能を鍛えることで、多くの情報をつかむ、的確に判断する、人より早く反応することにつながり、運動のパフォーマンスが上がるとされる。眼球運動により、感情をコントロールする前頭葉が活性化される、と医学的にも証明されている。

松島 雅美(まつしま・まさみ)

 株式会社Je respire代表取締役を務める臨床心理士。京都女子大大学院修士課程修了。1995年に発生した阪神・淡路大震災の被災者のPTSD、依存症のケアなどに尽力。眼球運動を用いた心理療法を学び、15年にわたり、トラウマケアも行っている。延べ2万人のカウンセリング経験を生かし、眼のトレーニングからメンタル機能の向上を図るメンタルビジョントレーニングを考案した。

キャンプ日程へ

(紙面から)

  • トリプルスリー男は目が命!山田が飛躍のため、超美人臨床心理士から学ぶ
  • 休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・小川=沖縄・浦添(撮影・大橋純人
  • 休日返上で練習を行ったヤクルト・西浦=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・館山=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・原樹=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日に首里城を観光したヤクルトの(左から)オンドルセク、ルーキ、デイビーズ