2016.2.11 05:06(2/4ページ)

眼球トレで心も鍛える!燕・山田、超美人臨床心理士と共闘だ

眼球トレで心も鍛える!燕・山田、超美人臨床心理士と共闘だ

休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・小川=沖縄・浦添(撮影・大橋純人

休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・小川=沖縄・浦添(撮影・大橋純人【拡大】

 かつて『芸能人は歯が命!』というキャッチフレーズが流行した。2016年の燕は『目が命!』。この日、沖縄・浦添キャンプ中にメンタルビジョントレーニングの導入を検討していることが判明した。提案者は杉村チーフ打撃コーチだ。

 「打者は動いているボールを見ないといけないし、目のトレーニングは大事。2年連続のトリプルスリーを目指す山田も、若いうちからやっておくべきだ」

 メンタルビジョントレーニングとは、視覚機能を向上させるビジョントレとメンタルトレを組み合わせた日本初のプログラム。まず動体視力などの視覚機能を鍛えれば運動のパフォーマンスが上がる。さらに、眼球運動をすることで感情をコントロールする前頭葉を活性化。すると集中力が増し、心の安定につながる。一石二鳥なのだ。

 「俺の知っている先生に沖縄に来てもらってもいい」と杉村コーチ。その先生は、スポーツ界注目の女性臨床心理士だった。

 心理学のデータ科学を用い、メンタルビジョントレーニングを考案した松島雅美さん(44)。これまでフェンシングの日本代表やサッカーJ2千葉などで指導経験があり、講演などでも引っ張りだこの超美人メンタルトレーナーだ。

【続きを読む】

  • トリプルスリー男は目が命!山田が飛躍のため、超美人臨床心理士から学ぶ
  • 休日返上で練習を行ったヤクルト・西浦=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日返上で練習を行ったヤクルト・谷内=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・館山=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日にキャンプ施設を訪れて調整を行い、帰路につくヤクルト・原樹=沖縄・浦添(撮影・大橋純人)
  • 休日に首里城を観光したヤクルトの(左から)オンドルセク、ルーキ、デイビーズ