2016.1.19 05:01

阪神D1・高山、スイングに手応え「強い打球が打てています」

阪神D1・高山、スイングに手応え「強い打球が打てています」

特集:
2015ドラフト会議
ノックを受ける阪神・高山=鳴尾浜球場(撮影・甘利慈)

ノックを受ける阪神・高山=鳴尾浜球場(撮影・甘利慈)【拡大】

 阪神新人合同自主トレ(18日、鳴尾浜)D1位・高山俊外野手(明大)は状態アップを実感。前日17日に続き、ティー打撃で200スイング。昨年10月に受けた右手有鉤(ゆうこう)骨骨折手術からの回復は順調で、「日に日にスイングが戻ってきている。強い打球が打てています」と笑顔。フリー打撃やマシン打撃の再開は「近づいている。このクールはティー打撃で数を打って、体力をつけていきたい」。22日からの第4クールで次のステップを視野に入れる。

ドラフト指名へ

(紙面から)

  • 新人の竹安大知と走る阪神・高山=鳴尾浜球場(撮影・安部光翁)
  • 外野守備で江越大賀と話をする阪神・高山=鳴尾浜球場(撮影・安部光翁)
  • 自主トレを行う、(右から)阪神・高山、板山、竹安=鳴尾浜球場(撮影・甘利慈)
  • ノックを受ける(左から)阪神・江越、高山、板山、横田、竹安=鳴尾浜球場(撮影・甘利慈)