2015.12.16 05:04(1/2ページ)

日本ハム・陽岱鋼、4000万円ダウンも…2度目交渉で笑顔のサイン

日本ハム・陽岱鋼、4000万円ダウンも…2度目交渉で笑顔のサイン

2度目の契約交渉でサインした陽岱鋼。球団からトレードの噂を否定され、すっきりした表情だった (撮影・高橋茂夫)

2度目の契約交渉でサインした陽岱鋼。球団からトレードの噂を否定され、すっきりした表情だった (撮影・高橋茂夫)【拡大】

 安心してください、来年も日本ハムで頑張りますよ! 陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)外野手(28)が15日、札幌市内の球団事務所で2度目の契約交渉に臨み、4000万円減の年俸1億6000万円プラス出来高払いでサインした。提示額は初回と同じだったが、新たに出来高払いが付いた。

 「きょう2015年12月15日、陽岱鋼はサインをしました」

 10年目の今季は左手骨折の影響もあり、86試合で打率・259、7本塁打、36打点。2日の初交渉では4000万円減の提示にショックを隠しきれず、母国・台湾に戻ってマネジメント会社と相談した。仕切り直しとなった約1時間の交渉では出来高払いを提案され、「台湾でチャリティー活動に貢献したい」と新たな目標もできた。

 金額以上に気になることがあった。台湾でイベントに参加した際、地元メディアから「(日本の一部報道で)巨人へのトレードの話が出ている」と伝えられ、モヤモヤしたという。この日、球団に胸の内を打ち明け「そういうことはないと言ってもらえた。安心しました」とすっきりした表情だった。 (中田愛沙美)

【続きを読む】

  • 2度目の契約更改交渉でサインした日本ハム・陽岱鋼=日本ハム球団事務所(撮影・高橋茂夫)
  • 2度目の契約更改交渉でサインした日本ハム・陽岱鋼=日本ハム球団事務所(撮影・高橋茂夫)
  • 2度目の契約更改交渉でサインした日本ハム・陽岱鋼=日本ハム球団事務所(撮影・高橋茂夫)