2015.12.14 15:30

ヤクルト・川端が大型契約、1億6000万円×4年

ヤクルト・川端が大型契約、1億6000万円×4年

更改を終えたヤクルト・川端=東京都港区(撮影・春名中)

更改を終えたヤクルト・川端=東京都港区(撮影・春名中)【拡大】

 ヤクルト・川端慎吾内野手(28)が14日、東京・港区の球団事務所で交渉し、今季年俸8500万円から大幅アップとなる1億6000万円で4年の大型複数年契約を結んだ。

 「入団したときには(1億円越えは)想像もしていなかった。優勝してタイトルもとれて今季はこれ以上ない最高のシーズンになりました」と川端の頬は緩む。

 今季は首位打者(打率・336)、最多安打(195本)のタイトルを獲得し14年ぶりの優勝に大きく貢献。ベストナインとゴールデングラブ賞のダブル受賞も果たした。順調なら来季開幕早々にも国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たすこともあり、球団側は流出阻止の意味も含め大型契約を用意した形だ。

 来季は森岡から引き継ぎ新選手会長に就任し、チームのリーダーとしての期待も高まる。「継続していくことは難しい。連覇と2年連続して首位打者を獲得できるよう頑張ります」。左腕には、タイトル獲得の記念として購入した推定500万円相当の高級腕時計がキラリ。権利獲得の暁には争奪戦も予想されたFA権行使を“封印”し、さらなる大活躍を誓った。

契約更改へ

  • 更改を終えたヤクルト・川端=東京都港区(撮影・春名中)
  • 契約更改を終え、会見に臨むヤクルト・川端=東京都港区(撮影・春名中)