2015.10.30 05:03(2/3ページ)

真中監督号泣…燕、14年ぶり日本一ならず 山田「ソフトが強すぎ」

真中監督号泣…燕、14年ぶり日本一ならず 山田「ソフトが強すぎ」

特集:
ヨウスルニ!
真中監督はファンからのねぎらいに涙。日本一には届かなかったが、1年目でチームを再建した手腕は見事だった(撮影・塩浦孝明)

真中監督はファンからのねぎらいに涙。日本一には届かなかったが、1年目でチームを再建した手腕は見事だった(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 快進撃を続けてきた燕軍団が、日本シリーズで止まった。頂上決戦は1勝4敗。鷹は強く、厚い壁だった。

 「本当に圧倒された感じ。(相手は)素晴らしいチームだった」。真中監督は涙ながらに力量不足を認めた。敵将・工藤監督の胴上げの瞬間はベンチ裏へ。「僕は苦手なんです。(他人の)祝福は見たくない」。

 それでも就任1年目で14年ぶりのリーグ制覇を達成。レギュラーシーズン2位の巨人をクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで撃破し、日本一への挑戦権を得た。

 福岡で2連敗後に神宮へ戻った第3戦。山田がシリーズ史上初の1試合3本塁打を放って快勝した。だが、第4戦から再び2連敗。若きスラッガーの山田はこの日、4打数無安打。通算でも5試合で19打数4安打、打率・211。敢闘選手に選ばれたものの、劇的な爆発力は続かなかった。

【続きを読む】

  • 六回に三ゴロに倒れた山田は4打数無安打。来季こそは日本一の座を奪い取る(撮影・松永渉平)
  • ユウイチと抱き合うヤクルト・真中監督=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • スタンドのファンへのあいさつを終え、引き揚げるヤクルト・真中監督=神宮
  • 8回、左飛に倒れたヤクルト・山田=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 第5戦の6回、三ゴロに倒れたヤクルト・山田=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 8回、左飛に倒れベンチに戻るヤクルト・山田。日本シリーズ最終戦で無安打に終わった=神宮
  • スタンドのファンへのあいさつを終え、引き揚げるヤクルト・山田=神宮
  • 5回、ソフトバンク・川島の打球をエラーしたヤクルト・川端=神宮球場(撮影・荒木孝雄)
  • 5回、ソフトバンク・川島の打球をファンブルしたヤクルト・川端=神宮球場(撮影・中川春佳)
  • 2回、右安打を放ったヤクルト・雄平=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 試合後、ライトスタンドのファンの声援に応えるヤクルト・ユウイチ=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 試合後、ライトスタンドのファンのもとへ向かう畠山らヤクルトナイン=神宮球場(撮影・松永渉平)