2015.9.30 05:02

日本ハム・木佐貫、今季限りで引退…今後は巨人のスタッフに

日本ハム・木佐貫、今季限りで引退…今後は巨人のスタッフに

特集:
移籍・退団・引退
日本ハム・木佐貫

日本ハム・木佐貫【拡大】

 日本ハム・木佐貫洋投手(35)が29日、今季限りで現役を引退すると発表した。球団を通じて「ファイターズでプレーしたのは3年間と短かったですが、温かく応援していただき、ファンの皆さんにはとても感謝しています」とのコメントを発表した。

 巨人、オリックス、日本ハムで通算62勝を挙げた右腕だが、プロ13年目の今季は若手の台頭もあり、ここまで1軍登板がなかった。30日に引退会見が行われ、同日のロッテ戦(札幌ドーム)で1軍に昇格し、登板に備える。

 木佐貫は亜大から2003年にドラフト自由枠で巨人に入団。1年目に10勝を挙げて新人王に選出された。10年にオリックス、13年に日本ハムに移籍した。今後は、巨人のスタッフになる見込み。

木佐貫 洋(きさぬき・ひろし)

 1980(昭和55)年5月17日生まれ、35歳。鹿児島県出身。川内高から亜大に進学し、2003年ドラフト自由枠で巨人入団。同年に10勝(7敗)を挙げて新人王に輝いた。10年にオリックスへ移籍。13年には糸井らとの大型トレードで日本ハムに移籍。通算成績は214試合、62勝72敗10セーブ、防御率3・76(29日現在)。1メートル88、84キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸6500万円。背番号29。

(紙面から)