2014.11.9 12:08

前ヤクルト・押本が2Kの後に四球「あとは待つだけ」

 (12球団合同トライアウト、9日、静岡)前ヤクルトの押本健彦が登板。打者4人から2三振を奪った。

 先頭の高橋信二(前オリックス)からフォークで空振り三振。安田圭佑(前ソフトバンク)の投ゴロの処理を慌て失策し、庄司龍二(元オリックス)をスライダーで空振り三振に仕留めたが、西川拓喜(前オリックス)に四球を与えた。

 登板後は「四球が悔しかった。できれば直球で空振りを取りたかった。結果がすごく悪かったわけではないので、あとは待つだけ。楽しかった。1年でも2年でも長くやりたい」と語った。

移籍・退団情報へ