2014.8.23 05:02

東京北砂、メキシコに大勝!金森が2発4打点の活躍!!

 リトルリーグ世界選手権(ウィリアムスポート(米ペンシルベニア州)21日(日本時間22日))敗者復活戦2試合を行い、日本代表の東京北砂は、メキシコに12-1で五回途中コールド勝ち。打線が爆発し、毎回得点をマークした。23日(日本時間24日)に行われる国際の部決勝で、韓国との雪辱戦に挑む。米国の部では、イリノイ州が女子のモーニー・デービス投手(13)を擁するペンシルベニア州を下した。

 前日の韓国戦で敗戦投手となった金森優(すぐる)内野手(13)が2本塁打4打点。「切り替えて、自分が打って守って勝ってやろうと思っていた」と笑顔を見せた。コールド勝ちを決める“サヨナラ3ラン”となった2発目でのホームインの際には、メキシコのフアン・ガルサ捕手(13)からもハイタッチされた。「すごい選手に、ハイタッチをしてもらえてうれしかった」と2戦2本塁打と苦しめられたライバルからの祝福を喜んだ。(清水公和)

東京北砂・日高淳二監督(42) 「本塁打が出ると盛り上がる。主軸の金森が2本打ってくれて、チームの雰囲気は最高にいい」

一回にチーム1号本塁打を放った上島颯人内野手(13) 「(国内の大会でも本塁打を)打ったことがあまりなかった。今大会、チームにとっても初めてでうれしかった」

(紙面から)